資産運用って儲かるの?

銀行の定期預金は儲かるか?

マスコミなどでは、資産運用方法の特集などが組まれていることもあり、自分も資産運用について考えたほうがよいのかなと思われている方もおられるかもしれません。でも、資産運用って本当に儲かるのだろうかという疑問をもたれる方もおられることでしょう。そこで、ここではこの点について考えていくことにしましょう。
まず、資産運用と言った場合、銀行の定期預金といった運用方法もあります。この場合には、定期預金の利率が決まっていますから、将来どのくらいの利息が貰えることになるのかを予測することができます。ただ、今は超低金利の時代となっていますから、銀行の定期預金で資産運用をした場合には、大金を投入しても僅かな利息しか貰えないということになってしまいます。

株式投資は儲かるか?

次に、株式等のリスク資産で運用をするという方法があります。この場合には、価格の上下動が激しくなりますから、本当に儲かっているかどうかの判別が難しくなってきます。例えば、1,000万円を株で運用すると、1年後には2,000万円になっているかもしれませんが、2年後には500万になっているかもしれないのです。
そして、このような価格上下動の激しい中において、株を売ったり買ったりすることになるわけですから、長い間がたつと、本当に儲かったのかあるいは損をしたのか、判別が難しくなってきてしまいます。先の例で言えば、1年後に2,000万円になったところで株を売却し、2年後に株価が下がったところで買い直しをすれば、将来は大儲けをすることができるかもしれないといった具合です。